洗顔フォームのすすぎもしっかりと

ニキビはむやみに触るのは良くない

ニキビができると、どうしても気になってしまいます。何度も鏡をのぞいてしまって、触ってしまうというひとも多いです。しかし、たとえニキビができたとしても、手でつまんでしまったり、つぶしてしまうというのは正しい方法ではありません。ニキビができてしまっても、むやみに触るのはやめて、これ以上の悪化をさせないことがたいせつです。

すすぎはしっかりと

そして、ニキビができてしまうひとの特徴として、しっかりとすすぎができていないということが挙げられます。ニキビにはしっかりと洗浄をすることが不可欠ですが、せっかく洗顔フォームでお肌のよごれをとりさっても、その洗顔フォームの泡がお肌に残ってしまっていては、まだお肌に汚れが残っているのと同じことになってしまいます。

また、おふろにはいっているときに洗顔もしてしまうというひとがいますが、そのときに、シャンプーをする前に洗顔をすませてしまっていたら、注意が必要です。

洗顔をしたあとにシャンプーをしているというひとは、せっかくきれいにお肌の洗浄ができていても、またシャンプーの泡がお顔について、それがニキビの原因になっていることもあります。ですから、お風呂で洗顔をすませるというときには、シャンプーをし終わってからさいごに洗顔をするようにすると良いでしょう。

洗い残しがニキビの原因の可能性って高い

よく、あごのニキビのなおりが悪いというお悩みをもっているひとがいますが、あごにきびは、洗い残しが原因であるこおも多いです。よく考えてみると、お肌のすすぎをするときに、最終的に水が流れていくときに、あごを伝うことが多いのです。ですから、すすぎが不十分だと、あごのまわりにはまだ洗顔フォームの泡がのこっていることがあるのです。そうすると、それが汚れとなって毛穴につまってしまって、そこから菌が繁殖してニキビの悪化につながってしまうのです。

せっかくニキビ専用のスキンケア化粧品をそろえていても、しっかり洗顔がすんでいないと台無しになってしまうので気を付けましょう。

仮にニキビ跡ができてしまったら?

ニキビができてなおってもニキビ跡になるときがありますよね。

そんなときにはリプロスキンという導入型化粧水をつかうと、早く治りますよ。