正しい日焼け止めを正しく使おう

女性にとっては、しみは大きなお悩みのひとつです。とくに女性でも、出産を経験すると、急にお肌のシミがふえてきてしまうということも多いです。

そうすると、あわてて紫外線対策にちからを入れ始めるといったひともいますが、その紫外線対策の方法も、きちんとした方法でないと、さらにお肌のエイジングを加速させてしまうこともあります。

まず、使用する日焼け止めえらびはとても大切です。しっかりと紫外線をカットしたいからといって、やみくもにSPFの高い50くらいの商品を選んでいませんか。しかも、それが紫外線吸収材の入っているような日焼け止めだったばあいには、さらにお肌への負担を多くしてしまいます。

こういった日焼け止めの商品は、だいたい落ちにくいものがとても多いです。クレンジングを使用しても、きっちりと落としきれているのか疑問であることもあるのです。だからといって、あまりに入念にクレンジングをしすぎてしまっては、こんどはお肌に必要な皮脂までを取り去ってしまうことになります。

日常にふりそそぐ紫外線をカットすることは大切ですが、毎日使う日焼け止めがあっていないと、せっかく日焼け止めで紫外線をブロックしても、紫外線ではなく、日焼け止めによってお肌の老化を促進してしまいます。

落ちにくい日焼け止めを使って、クレンジングをしっかりできていないと、その日焼け止めを汚れとしてお肌に残してしまうことになります。

そうすると、その汚れは過酸化脂質に変わってしまって、シミやたるみなど、お肌の老化に直結してしまいます。

しっかり塗った日焼け止めをしっかり落とそうと思うと、たくさんのクレンジングを使ってお肌をごしごしとこすってしまうことにもなります。お肌への摩擦は、いちばん避けたいリスクファクターです。

これらのリスクによってできてしまったシミやくすみは、スキンケアを正しく行うことによって、うすくしていくことができます。

基本のスキンケアができているか、もういちど見直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>